階段昇降機で楽々移動

車椅子生活を余儀なくされてしまった人などは、自宅をバリアフリーに改造することが必須と言えます。通常、段差のない状態にするところから始まるものです。また、車椅子生活ともなれば階段の上り下りも難しくなります。そこで自宅にエレベーターを付けたり、階段昇降機を付けたりすることがあります。エレベーターは費用がとてもかかり、三階建てくらいではないとなかなか取り付けることができないものです。よって、多くは階段昇降機を取り付けることになります。これを取り付けることで車椅子に乗ったままの状態でも自由に上り下りができるようになり、安心です。要介護者が家庭に居る場合、介護に最適な環境を整えることが重要となってきます。バリアフリーにするには相当な費用がかかるものの、そのための介護保険というものもあることから、上手に活用して階段昇降機を設置することをお勧めします。

浸透してきた便利な階段昇降機

階段昇降機という椅子式のステップリフトがあります。これはご老人で階段の上り下りが大変だ、またはできない、という方や足が不自由な方のための椅子付エスカレーターのようなものです。ご高齢の方ですとちょっとした歩幅であっても階段を上り下りするというのは、踏み外して落ちるかもしれないというリスクと隣り合わせです。そんなリスクを未然に防ぎ、少しでも体への負担をなくして快適に過ごして貰うために発明されました。なんと細菌では一般家庭にも導入されてきているのです。安全装備もかなりしっかりしていて、階段の途中に異物がある場合は異物を巻き込むことなく、キチンと手前で停まって異物があることを知らせる機能がついています。気になる工事も朝から始めて夕方には取り付け完了で乗れる状態にできるのです。ご自宅の階段の形状によって料金は異なりますが、多くのご家庭で導入され始めてきている製品です。

高齢化社会に伴って階段昇降機を増やすべきです

我が国は食生活が豊かになった事と医療が進歩した事によって、国民の平均寿命が延びて来ています。それに伴って高齢者の人口比率が高くなり、お年寄りの多い国となって来ています。人間年を取ると体の自由がきかなくなることがあります。この時困るのが、階段の昇り降りです。狭い国土を持つ我が国では、高い建物がたくさんあります。ですから階段の数もたくさんあるのです。そうなるとお年寄りにとっては、階段の上がり降りが大変になってくるのです。下手をするとお年寄りが階段から転落する危険性がありますから、対策を講じなければならないのです。その対策にぴったりな機械と言えるのが、階段昇降機なのです。階段昇降機とは階段の手すりなどに設置して、座ったままの状態で階段を上がり降りできるものです。この階段昇降機を一般家庭や公共の施設に設置すれば、階段があってもお年寄りに辛い思いをさせずに済むのです。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です